店舗デザインのクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

PORTFOLIO 実績紹介

細やかな気遣いと素朴さ感じる都会のサンドイッチ店

87(ハナ)

細やかな気遣いと素朴さ感じる都会のサンドイッチ店

六本木駅から徒歩3分。大通りから一本入った場所に、店内焼き上げ、天然酵母使用などこだわりのサンドイッチ店「87(ハナ)」がオープンしました。オーナー様は神奈川県の小田原で「パンの花」というパン屋を営んでおり、縁のある港区の六本木にもお店を構えることとなりました。店名は小田原の「パンの花」から「87(ハナ)」。コンセプトは「女性目線を大事にした都会的で親しみやすい空間」。ファサードは六本木という立地からシックに黒でまとめ、ポイントに店名のサインがアクセントになっています。
ファサードのガラスには大きなサンドイッチのグラフィックが親しみやすさを感じます。ちなみにサンドイッチのグラフィックはイートインのお客様がサンドされたように見えるという秘密が。

店内のデザインは、小田原の素朴さと六本木のスタイリッシュさがミックスした空間になりました。床はモルタル、壁は黒に塗装されてクールな印象ですが、小田原の「パンの花」からイメージした赤色をアクセントに、カウンターチェアやタイルの目地の色に使って、素朴なかわいらしさを感じます。また、黒い壁に描かれたペイントにほっこり。ペイントは「小田原から六本木へやってきたパン屋」というストーリー仕立てで、お客様との話のタネになっているそうです。

他にも小田原の素朴さを出すため、素材にもこだわりました。レジカウンターやイートインカウンターなどで使用している材は古材です。ひとつひとつ表情の違う古材を組み合わせてこのお店にしかないカウンターを作りあげました。

他にも店内トイレにもこだわりが。本来なら目立たせないトイレですが、ファサードから見えるトイレの扉も赤色に塗装され、アクセントになっています。トイレの床はヘキサゴンタイルでオリジナルの花模様にデザインしたり、トイレの棚も古材に統一しました。女性目線の細やかな気遣いやこだわりが感じられる、小田原の素朴さを大事にした都会的でかわいらしい空間に仕上がりました。

STORE PHOTO

/
店名 87(ハナ)
住所 東京都港区六本木7-13-10TOMASビル102
Web
広さ 23.8㎡ 竣工 2018

COMMENT

関連するキーワード