店舗デザインのクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

BLOG ブログ

CEO 代表

  • 1
  • 2

次のページ

2017.11.13

渋谷のはずれ

CATEGORYCEO 代表

shibuya

大きな街は少し外れたところがいい。

私たちの東京オフィスは、渋谷から原宿に向かう途中。
渋谷と言っていいのか原宿と言っていいのか。喧騒から抜けて少し人もまばらで、すれ違う人から流行りも感じられて、昼間は子供達の声が響いてうるさいけど、そんなギャップもちょうどいい。

渋谷駅周辺が大きく変わる。その周辺だけで七棟のビルが建設される。人がより集まるようになるのだろう。
でも私たちの街は、散策できる楽しみがなきゃ。複雑な脇道があってこんなところにこんなお店が、という楽しみ。しばらくぶりに歩くと、お店が変わり、街も変わっていく。大企業がつくる商業施設は便利で嫌いじゃないけど、どこかの仕掛け人にのせられているようで居心地悪い。

家賃が高いところはつまらない。お金持ってる人しか入れないテナントなんて。
センスが良くて野心もあるけど金はない。渋谷の外れにはそんな人たちの場がある。
渋谷の真ん中が、立派になればなるほどその同心円状に、「渋谷の外れ」が広がる。渋谷の外れが原宿と繋がり、渋谷の外れは青山と繋がり、渋谷の外れは代官山や恵比寿と繋がり、渋谷の外れは代々木公園にも繋がり、渋谷の外れは神泉、富ヶ谷と繋がる。きっとその渋谷の外れが一番面白い。

これからもっともっと。楽しみだ。

2016.09.24

伊藤若冲展

CATEGORYCEO 代表

伊藤若冲を知ってますか?

生誕300年の今年は若冲展が色々と開かれているが、上記展覧会はチケット持っている人が3時間以上並ぶという空前の人気。

若冲が知られるようになったのは、ここ10数年のこと。

その構図や被写体、色味など、従来の日本画とは違う大胆かつ自由な作風が人気だ。

特にデザイナーに人気があるのは、CGと通じるデザイン性から来てるのだろう。

そんな若冲の作品が、

身近に(触れる、が触らないで)、

無料で、

誰もいないところでじっくり見れたらどうだろう?

そんな場所が東京の下町のある場所に密かにある。

全体

住宅街の一軒家に

全体

嘘だろうという張り紙

実際、通り過ぎる人がみんな一瞬見るが、、本気にできないだろう

全体

全体

全て若冲本物の掛け軸が簡素な建物の一角にずらりと掛かる

全体

全体

全体

全体

全体

全体

信じられない

全体

こんな近くで撮ってもお咎めなし

全体

掛け軸の棒、象牙だそうです。

今、つくろうと思ったら象牙の密輸団に入らなきゃ無理。。


遊び心のある作品で心を惹きつけられ、近づけばその絹に描かれた繊細な絵に終始圧倒。


感動にうち震えたひと時でした。



STORE PHOTO

/

  • 1
  • 2

次のページ