1. HOME
  2. メソッド
  3. 店舗経営必須ツール Instagramの始め方

METHOD

メソッド

  • アイデア

店舗経営必須ツール Instagramの始め方

update :

店舗経営者が店舗でInstagramを活用するのであれば、「ビジネスアカウント」での利用が必須です。

現代の店舗集客にはInstagramの活用が重要

Instagramは「写真のSNS」と思っていませんか?実は違います。Instagramは大手企業と同レベルのリサーチができるツールなんです。

お洒落なカフェや趣味嗜好の合うお店を見つけるツールとして、数年前まではGoogleやyahooといった検索エンジンが主に使用されていました。ですがその当たり前はSNS,特にInstagramの出現によって大きく変化しました。

誰もがSNSを通して情報を発信・閲覧できるようになり、Instagramで情報発信を行っているお店は多くの人に認知されるようになっています。

Instagramを利用しているユーザーの数は、2019年の3月時点で3,300万人にのぼり、現在も個人・法人問わずに伸び続けています。

(出典元:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

これだけ膨大なユーザーを抱えるSNSを集客に利用しない手はありませんよね。特にコロナの影響で店舗経営が困難になっている今だからこそ、早めに着手して競合店と差別化を図るのをオススメします。

Instagramビジネスアカウントの開設方法

通常アカウントではなく、ビジネスアカウントを開設することで集客数・売上アップが期待できる機能を活用することができます。

①Instagramをインストール

 App Storeからのダウンロードはこちらから
 Google Playからのダウンロードはこちらから

 


 

②電話番号やメールアドレス、Facebookで登録後、必要情報を入力

 

登録後は「プロフィール」や「ユーザー名」「アイコン写真」等を入力します。プロフィールはお店の特徴が明確に伝わる文章を心がけ、あなたのお店のブランドが伝わるようにしましょう。ユーザー名は一度設定したものを変更しない方が今後運用し易いので、その点を注意しながらよく考えてユーザー名を決めると良いですね。

 


 

③ビジネスアカウントに切り替える

Instagramの[設定]→[アカウント]→[プロアカウントに切り替える]でビジネスアカウントに変更が可能です。

ビジネスアカウントは簡単にまとめると「企業が運用する際に役立つツールが備わっているアカウント」です。法人以外でも個人がクリエイターとしてInstagramを運用する際にもよく使われていますね。

 


 

④便利ツールを活用

ビジネスアカウントへ変更したことで、アカウントプロフィールの下部に「広告」「メール」ボタンの設置が可能になりました。公式ページのリンクをプロフィールに記載してそこからお問合せを獲得するケースもありますが、以下のようにボタン式で簡単にお店に連絡ができる方がユーザーはストレスを感じず、気軽にコンタクトが取れますよね。

広告で一気に認知度を拡大させることも可能です。それに伴い注文や予約の件数も増え、売上アップにも繋がります。

 

また、ビジネスアカウントでは「インサイト」も閲覧可能になります。インサイトとは「投稿」や「ストーリー」に対するユーザーの年齢、性別、地域、閲覧数などをデータで見ることができる機能です。

 

 

例えば投稿で各商品の紹介をした際に、どの商品が反応が良いか数値で分かるので、今後の経営に活かせる貴重なデータとなりますよね。フォロワーを増やして認知度を高めるためにも重要な指標となるので、定期的にチェックしてみましょう。

集客を成功させるInstagram活用のコツ

 

目を引く写真を撮影する

Instagram上には、クオリティの高い店内やスイーツの写真でユーザーを一気に引き付けるフォロワーの多い競合のお店がいくつもあります。

写真でサービスや商品の質は分かりませんが、少なくともフォトジェニックな写真を投稿しているお店に興味は湧くはずです。インスタ映えの写真を投稿すれば集客に繋がることはほぼ確実な事実なので、まずはここから意識していきましょう。

無料で写真を加工し、初心者でも簡単にお洒落な写真を撮れるアプリをご紹介します。「Foodie」というアプリで、様々な生活シーンに応じたフォトジェニックな写真を簡単に撮影できます。

  App Storeからのダウンロードはこちらから
  Google Playからのダウンロードはこちらから

 

継続的な投稿を心がける

フォロワーが多いアカウントの特徴として、「継続的な投稿を行っている」ことが挙げられます。一時的にクオリティの高い投稿をするだけでフォロワーは付きますが、投稿頻度が曖昧で間が長いと、フォローを解除される可能性が高くなってしまいます。

継続的にそのお店の発信を楽しみたいというユーザーが多いので、運用を始める前に発信する頻度や時間、曜日などを決めておきましょう。

 

キャンペーン企画の実施

認知度アップやフォロワー数増加の施策としてよく実施されているのが、Instagram内でのキャンペーン企画です。実は「#プレゼントキャンペーン」や「#クーポン」といったハッシュタグ検索を行っているユーザーは一定数存在しているため、投稿に上記のハッシュタグを付けることで多くのインプレッションを見込めます。

店舗のオープンキャンペーンと題してクーポンを発行し、集客を図るのも一つの手かもしれませんね。このようなInstagramで現在ブームになっていることを分析し、実践してみるとInstagramを活用した集客はさらに加速していきます。

 

世界観を統一させる

Instagramで話題になっているお店は、そのお店でしか感じられないオリジナルの世界観を発信しています。InstagramだけでなくTwitterでも認知度が高く、SNSでの集客を成功させたお店として「Mr.cheesecake」がその良い例です。

 

ご覧のように白を基調とした投稿が多く、自社商品のチーズケーキを様々な角度、見せ方で表現しています。不要な要素を一切掲載せず、自社がどんな企業なのか一瞬で分かりますよね。Instagramの機能「ストーリーズ」の使い方も上手く、フォロワーとコミュニケーションが取れる施策を行っているため、フォロワーの離脱が少ないと予想できます。

このような今話題になっているアカウントを見て研究してみると、なぜファンが多いのか分かってきます。自社アカウントの運営だけでなく、他社のアカウントをじっくり観察してみるのも、集客にとって重要なポイントです。

 

弊社では、リアル店舗を支えるためこのようなお役に立つと思われる情報を随時提供しております。クライアントの方々は勿論ですが、弊社でデザイン施工されてない方もこちらまでメールを頂ければ情報更新の際にメールにてお知らせいたします。こんなの調べて欲しいなどのリクエストもお待ちしています。

info@chronoba.com   ←お問い合わせはこちらのメールアドレスから

一緒にリアル店舗を復活させるため頑張って参りましょう!

 

その他ノウハウの無料資料をこちらからダウンロードできます

share :

CONTACT

お問い合わせ、
お見積りはこちらから

03-6427-9657 (受付時間: 平日 9:00~18:00)