店舗設計・デザインのクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

PORTFOLIO 実績紹介

カフェ開業者必見!#04
突然の体調不良、でも自分しかいない!?編

こんにちわ。本コラムを担当するスタッフKです。

私は、郊外の古いお寿司屋さんの店舗をセルフリノベーションしたカフェを営んできました。カフェは関わってくださる人たちにおまかせし、現在はクロノバデザインに在籍しています。カフェのオーナーという立場であった私の実体験や、日々の営みから感じた理想を形にする個店づくりの考え方をお伝えできたらと思い、しばらくこのコラムシリーズを担当いたします。


今回は「突然の体調不良、でも自分しかいない!?」編です。 


お店を開ける、お客様に利用していただく。
お店の日々の活動はシンプルです。
小さな毎日の繰り返しです。

今日利用してくださったお客様がいるから明日の明かりを灯せます。そう考えると、一日一日が貴重に思えて、お休みすることが怖くなったりもします。突然の体調不良、でも自分しかいなかったら。。。ピンチですね。

じゃぁどうする?という話ですが、あなたしか居ないのなら、気合で乗り切るしかないという事くらいしか言えません。

対策ならたてられます!

日々の体調管理、または、他の人でお店がまわるようにすることでしょうか。なんの工夫もなくてすみません。

しかし、どちらもなかなか難しいです。


私の話ですが、そもそも自分の好きな事をしようと個店を始めたのですからスタートは自分一人、わかがままで偏った想いも詰まっていたでしょう。それでも、お店に共感してくださって、応援してくれる人が現れる時がありました。
そして、ひとりふたりと増えていく。とても嬉しい出来事です。その人たちの個性が集まって、新たなことにチャレンジできたり、見えることが増えてくる。

お店を開くことに慣れてきたら、ひとりでやろうとしない。
「人が集い、働きやすい環境をつくる」ことが、大切かと私は思います。

プラットフォームとして提供した場で、みんながそれぞれ得意とすることや個性を発揮して楽しく自由に動いてくれたなら、それが個店が成長する原動力だと思います。

関わってくれる人の個性を活かしていくことこそ、キラリと光る個店に繋がっていくはずです。



⇒ カフェ開業者必見!#01オーナーの個性が個店になる編
⇒ カフェ開業者必見!#02お客さんが来ない!編
⇒ カフェ開業者必見!#03思いもよらないお客さんが来た!編
⇒ カフェ開業者必見!#04突然の体調不良、でも自分しかいない!?編

HOW TO 店舗設計・デザインのつくり方一覧へ戻る