店舗設計・デザインのクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

PORTFOLIO 実績紹介

カフェ開業者必見!#02お客さんが来ない!編

こんにちわ。本コラムを担当するスタッフKです。

郊外の古いお寿司屋さんの店舗をセルフリノベーションしたカフェを営んできました。カフェは関わってくださる人たちにおまかせし、現在はクロノバデザインにてキラリとひかる個店をつくるサポートをしています。

カフェのオーナーという立場であった私の実体験や、日々の営みから感じた理想を形にする個店づくりの考え方をお伝えできたらと思い、しばらくこのコラムシリーズを担当いたします。


今回は「お客さんが来なくて困った!」編です。

日々営業を重ねていくと、思ったようにお客さんが来ない。というときがあると思います。営業を始めたばかりだと尚更です。不安になるときもあるでしょう。

「開業の際には、運転資金を○○ヶ月分程度はゆとりをもっておきましょう。」などという話を聞きますが、その金額感だったり、ノウハウはココではちょっと置いておこうと思います。

「天気が悪いから。」「連休の中日だから。」「よそでイベントしてるみたいだし。」
どうにかお客様が来ない理由をつけようとします。しかしこれでは、何かを棚に上げているようで、どこか後ろ向きに感じています。

前向きにというなら、対策を考えて、少し攻めてみましょうか。ただ、ちょっと一呼吸。こういう時、個性を出そうと意気込み過ぎてしまうあまり、迷走しがちです。高価な広告を出したり、値下げや割引クーポンを出したりは、それじゃないかと思います。そのような一時しのぎの為に、経費を使うのは、攻めることと違うのではないかと思います。

 今日来てくださったお客様に、丁寧に向き合う。
 いつもより少し居心地を良くして、笑って帰ってもらう。

全然お客様が来ないなら、良い機会と捉えて、自分がなんでこのお店を始めたのか、何をしたいのか、そんなことを立ち返りながら、店内を掃除するのも良いのではないでしょうか。

個店のこだわりを理解して頂くには、時間が必要です。今いるお客様に応援してもらうために、丁寧に向き合いましょう。思い通りにいかないこともあると心得て、心(と懐に)に余裕を持って個店づくりに臨んでいただけたらと思います。



⇒ カフェ開業者必見!#01オーナーの個性が個店になる編
⇒ カフェ開業者必見!#02お客さんが来ない!編
⇒ カフェ開業者必見!#03思いもよらないお客さんが来た!編
⇒ カフェ開業者必見!#04突然の体調不良、でも自分しかいない!?編

HOW TO 店舗設計・デザインのつくり方一覧へ戻る