理容室・ヘアサロンデザイン・設計のクロノバデザイン店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

PORTFOLIO 実績紹介

歴史を受け継ぐクラシカルなバーバーショップ

Barber shop TONY みなとみらい店

歴史を受け継ぐクラシカルなバーバーショップ

氷川丸で理容師として勤めていたオーナー様の師匠から、技術と意思を受け継ぎ、横浜の地で長きに渡り愛されているバーバー「Barber Shop TONY」さん。みなとみらいに新しく建設された商業施設内に新店舗をご出店されるとのことで今回ご依頼をいただきました。お打ち合わせの際、オーナー様からお伺いしたTONYさんのこれまでの歴史。そんな歴史を紐解いて、氷川丸の船内にクラシカルなバーバーショップをつくるとしたら・・・と発想。さらに近年のバーバーブームに応えて、自分スタイルを求める人々のための「かっこいい」空間をカタチにすることを目指し、デザインプランを組み立てていきました。

加えてオーナー様からのご要望は「空間の快適さ」。その快適さを左右するレイアウトは課題となった点で、物件の区画がほぼ台形に近く、直角に接する面がないことや、入り口近くに大きな躯体があったことなどもあり、何度も検討を重ねていきました。とくにメインとなる施術スペースについては、席と席との距離感を大切にし、ゆったりと寛ぐことのできるレイアウトを心がけました。

店内には、照明やデッキ風の塩ビタイルの床、スケルトン天井から見える配管・・・船内をイメージさせる要素や施しを随所に散りばめつつ、赤レンガの壁、施術スペースの一部に黒と白の交互に並べた床タイルで、クラシカルな雰囲気をプラス。また、壁に飾られた写真やポスター、アンティークのレザーソファやレジ台などのアイテムがセンス良く並び、まるで外国にいるかのような錯覚を覚えさせてくれます。

ファサードは、バーバーの象徴となる赤、青、白のストライプを枠に、船のデッキをイメージした板貼りの壁にロゴサインを。一目でバーバーであることを認識させつつ、みなとみらいの爽やかな海の風を感じさせてくれるデザインとなっています。昼はカジュアルで入りやすく、夜はライトアップで少しムーディーな大人の雰囲気に様変わり。かっこ良くありながら、どことなく親しみさを感じさせるバーバーの店構えに仕上がりました。

かつて船員たちが憩いの場として利用していたバーバーのように、このみなとみらいの地で人々の憩いの場のバーバーとなることを願っています。

STORE PHOTO

/
店名 Barber shop TONY みなとみらい店
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-3-4 PRYME COAST 2階-H
Web http://www.tonyhair.jp/minatomirai.html
広さ 71.68m2 / 21.6坪 竣工 2017

COMMENT

関連するキーワード