ペットサロン・ショップデザイン・設計のクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

PORTFOLIO 実績紹介

笑顔溢れるペットたちの憩いの場

StayBull

笑顔溢れるペットたちの憩いの場

ペットホテルを併設したトリミングサロン「StayBull」さんの移転計画です。駒場東大前駅から徒歩5分、淡島通りに面した新築のスケルトン物件からのスタート。海に慣れ親しんだオーナー様からのご要望は、「海の雰囲気を感じるかっこいいペットサロン」。「西海岸風」「スタイリッシュ」をキーワードに、アットホームさを感じられる空間づくりを目指しました。

エントランスの真正面に待合スペース、その奥にはドッグランスペースが開放的に広がる店内。エントランス左側には受付スペースと物販スペース、ドッグランスペース奥には、ペットホテルとスタッフルーム、トリミングスペースを配置しました。待合スペースは、カジュアルなデニム生地のソファやウッドテーブルを設置して、まるで家でくつろいでいるかのように感じられる空間です。待合スペースとドッグランスペースとの壁面は濃ネイビーカラーの塗装で仕上げました。こちらの壁面は、店内に入った際に一番最初に目に入り、店の雰囲気や印象を決める重要な箇所。真っ黒だと重く、暗い印象になってしまい、反対に明るすぎると「かっこよさ」が損なわれてしまう…どのようなカラーを持ってくるのが良いのか、最もしっくりくるカラーの検証を重ねました。

ドッグランスペースの床は明るい木目調の長尺シートをセレクトし、ペットが触れやすい壁面の高さまで巻き上げています。白の壁面は、汚れても手入れがしやすいよう、クリア塗装で仕上げを。入り口に設置した柵はアメリカンフェンスのイメージで、エキスパンドメタルを黒で塗装しオリジナル制作したものです。シンメトリーに配置された大きめのグレーのライトは、スケルトン天井との雰囲気と統一。スタイリッシュさも持たせつつ、グレーのカラーによって、適度な軽さと柔らかさを感じさせてくれる空間になっています。

「かっこいい犬小屋をつくりたい」とのご要望も受け、犬小屋に見立てた物販スペースを店内に設けました。エイジング塗装で、あえて使い込んだ風合いをつくり、木のぬくもり感を強調させることで、全体の空間に親しみやすさの要素をプラス。また屋根部分だけ黒塗装し、引き締めながら空間全体のデザインに纏まりを持たせました。犬小屋に描かれた「StayBull」のサインもワンポイントとなり、ベンチに自分たちのペットを座らせて思わず写真を撮りたくなる”フォトジェニック”感も意識しています。最後に、海辺をイメージさせる雑貨や植物をディスプレイし、西海岸の潮風を感じる空間に仕上がりました。

引渡しまでペットたちの反応が気がかりだった今回。撮影中、ペットたちが終始喜んで(?)ドッグランを駆け回っている姿をみて、ほっと一安心でした。ここを訪れるお客様にとっても、ペットたちにとっても、居心地の良い憩いの場、そしていつも笑顔溢れる場になればと思っています。

STORE PHOTO

/
店名 StayBull
住所 東京都目黒区駒場1-36-8 Cavallo駒場 1F
Web http://www.staybull-dog.com/
広さ 130m2 / 40坪 竣工 2017

COMMENT