飲食店デザイン・設計のクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

PORTFOLIO 実績紹介

代沢の小さな隠れ家イタリアン

食堂 AO-ZOLA

代沢の小さな隠れ家イタリアン

井の頭線池ノ上駅から徒歩5分ほど歩いていくと、温かい灯りがこぼれるお店があります。食堂AO-ZORAさんは、熟成肉の炭火焼をメインに提供するイタリアンレストランです。このたび独立開業されるオーナー様からのご依頼となった今回は、カフェの居抜き物件からの改装。物件の状態が比較的綺麗だったため、なるべくその状態を活かしながらのデザインを組み立てていきました。

入り口手前側にソファ席、奥にはカウンター席、テーブル席、厨房と配された店内。もともとは入り口に背を向けるようにして配されていたカウンターと厨房は、長手方向に向きを変えてすっきりとしたレイアウトへとかたちを変化させました。カウンターは既存の無垢の天板をそのまま再利用。少し使い込まれた風合いが、親しみやすくほっこりさせてくれる雰囲気を演出してくれるアイテムの一つとなっています。

この物件の特徴とも言える黒の鉄骨部分は改装以前のまま。その鉄骨部分には造作で棚板を設置し、鉄骨をも空間デザインとして巻き込みおしゃれなディスプレイゾーンに仕上げました。
厨房とカウンターの区画を大胆に変える一方で、利用可能なものを活かすことでコスト面もメリハリをつけ、大きく店の雰囲気を変えつつも、コストを抑えたデザインとなっています。

最もこだわったのは、入り口すぐの黒板塗装の壁面。オーナー様から「食事と一緒に日本酒やワインも楽しんでもらいたい」という思いも受けて、一番目の入りやすい壁面に自分たちでデコレーション可能な黒板塗装をご提案しました。手書きでデコレーションされた黒板は、目でお酒を選ぶ楽しさがあるだけでなく、それを周りの方と共有しあい会話も弾ませてくれる、まさに「温かみのある食堂」のような空間を生み出してくれます。ベンチシートの貼り地やランプは店名の「AO-ZOLA」にちなみ、柔らかく優しい青のカラーをセレクト。テーブルの天板もカウンターの既存天板と合わせて全体に統一感を持たせました。

ファサード側の窓には格子を入れて、通りからの視線が直接あたらないように配慮を。その店構えはオープンすぎず、隠れ家すぎず、まるで小さな一軒家のような佇まいで通りのお客様をあたたかくお出迎え。夜になると灯される、青くぼんやりとしたサイン照明もまた、このお店の優しくのどかな雰囲気を演出しています。

STORE PHOTO

/
店名 食堂 AO-ZOLA
住所 東京都世田谷区代沢2-7-13 フォーライフ下北沢 1F
Web https://www.facebook.com/Ao.Syoku
広さ 36.08m2 / 10.91坪 竣工 2016

COMMENT