1. HOME
  2. メソッド
  3. 【隣の店舗はもうやっている!?】得するITツール導入のすすめ

METHOD

メソッド

  • 開業・経営

【隣の店舗はもうやっている!?】得するITツール導入のすすめ

update :

無駄な時間や費用を削減できるITツールを「IT導入補助金」を利用してお得に導入するのが、コロナ禍で経営を続けていくための方法の一つです。

ITツールを経営に導入するメリット

コロナの影響を受け、費用の削減や業務の改善に着手し始めたお店が多いのではないでしょうか?

ITツールを導入すれば、今まで悩みの種になっていた経営の無駄を省くことが可能です。

 

①SNSを活用した効率的な集客が可能

店舗経営必須ツール Instagramの始め方」という記事でもお伝えしましたが、現在ではInstagramを活用して認知度をアップさせ、集客から購買まで一貫して行うことも可能になりました。

 


 

②余った時間を他の作業に充てられる

予約管理システムなどの導入により、店舗スタッフが割く時間・労力の削減が可能になり、その時間を集客活動などに充てることができます。

 


 

③マネジメントが簡単になる

例えば、タイムカードや出勤簿で管理していた勤怠管理にITツールを導入すると、従業員の労働時間の管理や集計、記入が簡単になります。

 

ニューノーマル時代に得するITツール

どのITツールを利用すればよいか分からない方もいらっしゃると思います。

そこで、3種類のITツールをメリットとデメリット合わせて紹介します。導入にかかるコストを極力抑えたツールですので、導入をお考えの方は参考にしていただけますと幸いです。

 

■POSレジ

メリット
・データ収集による商品の販売傾向の分析等が可能

・会計で商品をタッチパネルで選択するため、打ち間違いを防げる

・キャッシュレス決済に対応

デメリット
・ネットワーク環境の整備が必要

・ウイルス感染によるデータ盗難の恐れがある

・停電、災害時に使用できなくなる可能性がある

 

AirREDGI
0円からの利用が可能で、操作がシンプルなため初めての方でも使いやすいのが特徴です。iPhoneやiPadがあればすぐに使用できます。近年利用する人が増えている電子決済・QRコード決済にも対応しています。

スマレジ
基本的なレジ機能は0円で利用ができます。売上分析機能が高く、日別・商品別・時間帯別などで分析が可能です。複数店舗の在庫状況の管理も行えます。

ユビレジ
基本利用料金は6,900円/月からですが、無料で試してみたいというお店向けにお試しプランが用意されています。スタッフのシフト調整や各店舗のメニュー共有など、他のサービスと比べて多機能な点が特徴です。

 

 

■勤怠管理ツール

メリット
・出勤簿やタイムカードで管理、集計していた時間と労力を削減

・打刻ミス防止に繋がる

デメリット
・導入にコストがかかる

・その店舗に適したシステムでないと返って手間がかかる

 

ジョブカン
ユーザー数毎の料金体制をとっており、1ユーザー200~500円/月で利用できます。打刻方法が多様で、LINEやICカードでも打刻が可能です。勤怠の集計データの抽出も簡単に行えます。

AirSHIFT
スタッフ一人につき100円/月で勤怠管理や人件費計算などの機能を利用できます。中でもシフト管理に特化しており、シフトの提出要請から希望シフトの反映までを自動で行ってくれます。

スマレジタイムカード
30名までなら0円で利用可能です。出勤退勤時にiPadの画面をクリックするだけで打刻が終了します。また、労働者の勤務時間の管理を厳しくしなければいけない昨今において、違反する前に警告をしてくれる機能も備わっています。

 

 

■予約管理ツール

メリット
・予約の電話対応を減らせるため、聞き間違いやダブルブッキングなどのリスクを軽減

・外部ウェブサイトとの連携により、予約数アップに繋がる

デメリット
・ホームページなどからの導線を作らないと機会損失になる

・ツールの使い方に慣れるまで時間がかかる

 

TORETA
複数のグルメサイトやITサービスとの連携が可能なため、予約をTORETAで一元管理できます。Web予約ページを持っていないお店でも、TORETAでは無料で作成が可能です。費用はお問合せでの確認が必要です。

テーブルチェック
現在実施している店舗が多いテイクアウトやデリバリーに対する予約管理も可能です。その他、急なキャンセルを防止するキャンセルプロテクションや、多言語対応などの機能を備えています。30席以下の店舗の場合、月額12,000円から利用できます。

favy
飲食店専用のホームページ作成サービスで、スマートフォンからでも簡単に作成・編集できるのが特長です。テンプレートにあわせて、メニュー情報や写真を追加していくだけで自店舗のWebサイトが完成します。そのページには予約システムが無料でついています。7,000円/月から利用できます。

IT導入補助金を活用し、低コストでITツールを導入

ITツールを導入するにしても、できるだけ出ていくお金は最小限にしたいですよね。そこで利用を検討していただきたいのが「IT導入補助金」です。

 

 

日々の業務を効率化させるITツールの導入に活用できる補助金で、現在も公募が行われています。

通常枠(A、B類型)
経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ってもらうことが目的。
補助金申請額:下限30万円 上限450万円
補助率:1/2以下

 

特別枠(C類型)
テレワーク導入や業務改善費用についての資金繰りで困っている事業者への支援。PC・タブレットなどのハードウェアにかかるレンタル費用も補助対象。
補助金申請額:下限30万円 上限450万円
補助率:最大3/4

 

直近では通常枠と特別枠どちらも【10月2日(金)17:00まで】交付申請と事業実績報告を受け付けています。詳細はこちらのページからご確認いただけます。

 

補助金が確実に交付されるように、まずは準備から交付までの流れをしっかりと理解しておきましょう。対象にならないITツールもあるので、その点も要チェックです。

詳しくはこちらのページからご確認いただけます。

 

弊社では、リアル店舗を支えるためお役に立つと思われる情報を随時提供しております。クライアントの方々は勿論ですが、弊社でデザイン施工されてない方もこちらまでメールを頂ければ情報更新の際にメールにてお知らせいたします。こんなの調べて欲しいなどのリクエストもお待ちしています。

info@chronoba.com   ←お問い合わせはこちらのメールアドレスから

一緒にリアル店舗を復活させるため頑張って参りましょう!

店舗は、街のカルチャーです!

 

その他ノウハウの無料資料をこちらからダウンロードできます

share :

CONTACT

お問い合わせ、
お見積りはこちらから

03-6427-9657 (受付時間: 平日 9:00~18:00)