1. HOME
  2. メソッド
  3. 【緊急コロナ対策】~みんなの感染予防は?今やるべき感染対策を考える~

METHOD

メソッド

  • 開業・経営
  • アイデア

【緊急コロナ対策】~みんなの感染予防は?今やるべき感染対策を考える~

update :

緊急事態宣言でも売上増?!

皆様、感染対策について頭を悩ませておられることとお察しします。

このコロナ禍でも売上を伸ばした飲食企業があることをご存知でしょうか?
ご存知マクドナルドです。4月の緊急事態宣言中多くの店内閉鎖を行ってテイクアウトだけに関わらず前期比6.7%アップの一人勝ち。実際、筆者も夜遅くまで行列ができている様子にびっくりしました。そして思いました。「そこまでして〇△×▼#×$&」

…ともかく重要なポイントは、「チェーン店の方がなんとなく安心」と思われている消費者心理を理解することだと思います。もう一つ、別稿で記したいと思いますが、弊社クライアントへの一部リサーチによるとベーカリー、パティスリーの皆様の売上は総じて上がっています。「パンは強し」。(マクドナルドもパン、、、ですよね。)

それらが「個店」が今目を向けなければならないコロナ対策に繋がっていくと考えています。以下、当社リサーチと見解を述べます。ぜひ最後のまとめまでご覧ください。

まずは、大手チェーン店のコロナ対策を数十社徹底調査してみました。
リサーチを行った20代女性デザイナーがその消費者視点からベスト3をランキングしてくれました。

大手企業のコロナ対策ランキングREST3!!

【3位】王将フードサービス

[餃子の王将]

■店舗の営業に関して
・営業時間の短縮
・デリバリーとテイクアウトへの対応

■感染症拡大対策の取り組み
□店舗
・感染予防ハンドブックを全店舗に配布し、当該ウイルスに対する理解の促進
・従業員の出勤時に体温等の体調チェックを行い、問題がある場合は自宅待機を指示
・全従業員の健康状態を毎日本社へ報告し、適切な処置を実施
・従業員に対し、マスクの着用を推奨(接客に関わる従業員には義務化)
・従業員に対し手洗いとアルコール消毒の徹底
・厨房機器、調理器具を定期的にアルコール消毒実施
・店内および店舗入り口の取っ手などを定期的にアルコール消毒実施
・店舗の玄関付近にアルコール消毒液を設置し、お客様に入店時の除菌に協力を要請

□本社
・大人数での会議およびイベントの中止、延期
・通勤ラッシュを避けるため、時差出勤の推奨
・スタッフの体調管理を行い、発熱がある場合には自宅待機
・オフィス内でのマスク着用指示

→3位の理由
感染予防ハンドブックを全店舗に配布という点で、4/6にすでに配布されていることになるので早い段階で対応していたことが分かるため。

 

【2位】すかいらーくグループ

[ガスト/バーミヤン/ジョナサン/夢庵]

■店舗の営業に関して
・営業時間を20時まで短縮(※5/11より22時までに変更)

■感染症拡大防止の取り組み
□お客様
・従業員の出勤時および営業中にも頻繁な手指手洗いとアルコール除菌を実施
・従業員のマスクの義務化、全従業員への配布の完了
・お客様に入店時およびトイレ使用後のアルコール除菌協力を実施
・店内空間の除菌、抗菌を行う機器を設置し、今後従業員控室にも設置
・入り口ドアノブ、各種取っ手、手すり、ドリンクバーコーナー、テーブル、オーダー端末などの頻繁なアルコール除菌作業を実施
・お客様同士の間隔を空ける客席レイアウトと着席に配慮
・お客様が使用されるトングの定期的な交換・洗浄を実施(ブッフェ業態はお一人ずつ専用)
・レジ前にビニールシートを設置
・客席の定期的な換気を実施
・ご希望のお客様にはナイロン手袋を用意

□従業員
・就業時体調チェックと検温の実施・記録、体調不良者の勤務を禁止
・就業時、休憩前後トイレ使用後の入念な手洗いを徹底
・接客従業員のマスク着用を徹底
・希望する従業員に5月末よりアイガードを配布予定
・従業員および家族に感染の疑いがある場合の報告相談ルートを設置

□宅配・テイクアウトへの取り組み
・商品梱包時はアルコール除菌を実施
・お届け先到着後、手袋着用を徹底
・お客様の要望により離れた場所で商品受け渡しと接触の少ないクレジット会計を推奨
・商品を配達する容器類の定期的な除菌を実施
・配達用車両も定期的に清掃
・宅配、別途送料不要

[ガスト]
宅配・テイクアウトで15パーセントOFFクーポンや子供用おもちゃをプレゼント

→2位の理由
提示されている内容は割とどこでもやっている内容なのですが、サイトに飛んでみると安全への取り組みやテイクアウト・宅配への取り組みが動画で紹介されていたり、新型コロナウイルス対応施設への募金活動、食品ロスを防ぐメニューの最適化など社会への対応が行われているため。

 

【1位】くら寿司

■店舗の営業に関して
・一部店舗の休業
・営業時間の短縮、順次再開、営業時間の延長あり
・テイクアウト寿司や特別セットの用意
・バーチャル背景の配信サービスの実施

■感染症拡大防止の取り組み(→写真つきの説明で分かりやすい)
□店舗
・テーブル間に抗菌ビニールシートの設置。座席背面の伱間をビニールシートでふさぐほか、カウンター席にも仕切り板を設置
・レジ前に抗菌ビニールシートの幕を設置
・隔席でのご案内。客席に余裕のある時間の記載あり(14:00~17:00)
・レジ前に並ぶ際の目安を設置
・店内設備、器具(寿司キャップ等)の消毒の強化。1/18から24項目の定時清掃。22項目レーン上定時清掃。ウイルス対策8項目マニュアル(出勤前体調管理、勤務中体調管理、3種の手洗い、嘔吐などの定時チェック、1時間毎店内アルコール消毒、ハイター消毒、定時拭き取り消毒、手袋の徹底および交換)「持ち込ませない・消毒する・うつさせない」マニュアルの徹底の強化をしています。また、空気中に浮遊するほこり、ウイルスなどからお寿司を守る独自の「防菌寿司カバー」の消毒、ふき取りをさらに強化。
・テーブル入れ替わり時のアルコール消毒
・スマホで注文。タッチパネルに触ることなく自分のスマホからテーブル席の注文
・アルコール消毒液の設置

□従業員
・店舗社員、クルーの健康チェックや手洗い並びにうがいの徹底
・「就業前の健康チェック」の実施 体調不良者の勤務の禁止
・入店前、休憩時に健康チェックと手洗いを徹底
・1/18から健康チェックに検温の項目を追加し、勤務開始前に体温が37.5℃を超える場合は勤務せず、自宅にて安静にする措置をとる
・従業員のマスク着用ルールの変更、強化。2/1よりマスクの外側にスプレーし、ウイルスや菌を除去できる抗菌スプレーを導入

■除菌用「微酸性電解水」の無償提供

自社で製造している「微酸性電解水」を一部の自治体、医療機関へ5/1より無償で提供。「微酸性電解水」は塩酸、または塩酸に塩化ナトリウム水溶液を加え調整した原液を電気分解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液で、非常に除菌作用が高い電解水です。食品分野では、食品添加物の次亜塩素酸ナトリウムより低い有効塩素濃度で除菌力を高められるため、より安全性を確保し、コストや環境への負荷を軽減できるという特徴があります。くら寿司ではそれぞれの加工センター内に製造装置を設置して毎日製造し、施設内および全国の店舗で使用していますが、フル稼働すれば当社での使用ぶんを上回る「微酸性電解水」を製造することができるため、今回、余剰分を無償で提供させていただきます。
※今回は貝塚センターおよび福岡センターまで引き取りにこれる自治体・医療機関様対象

→1位の理由
コロナが蔓延している状況ではかなり繊細なお寿司やさんということで、今回リサーチした中ではかなり細かく対応が記載されていたため。またマニュアルも実際の写真と併せて記載されているので分かりやすく感じたため。微酸性電解水の提供など社会への貢献が見られたため。

 

【番外編】チアーズワン

※大手ではないが対策を徹底していたので参考として掲載

■感染症拡大対策の取り組み
□店舗
・三密の防止
・常時ドアを開放し換気を行う
・ソーシャルディスタンスの実施
・客席率50%以下の稼働率にて営業
・消毒担当スタッフの配置
・お客様やスタッフの接触箇所を即時消毒。使用消毒剤:エタノール75℃、次亜塩素酸水200ppm/40ppm
・非接触検温の実施 37.5℃以上のお客様の入店拒否
・除菌マットで靴底消毒(次亜塩素酸水200ppm)
・全身および衣類やカバンなどを消毒(次亜塩素酸水40ppmを高微細ミスト噴射)
・除菌ペーパーでお持ちのスマートフォンを消毒
・手指をエタノール消毒(アルコール濃度75%)
・食事中以外はマスク着用の義務化
・手袋着用の義務化
・ご希望の方へフェイスシールドの貸し出し
・手袋、マスクの用意(手袋は期間限定のロゴ入り)
・小皿に取り分けた食事の提供
・グラス、食器、シルバー類はアルコール消毒後使用。小スプレーの消毒剤(次亜塩素酸水40ppm)を渡し、帰宅途中にきになる箇所でご利用いただく

 

また、絶対感染しない!究極のコロナ対策もおまけとして掲載します。
あのダイアモンドダイニング号に救助支援を行った自衛隊がとったコロナ対策です。
これらの対策により一人の感染者も出さず任務を終えています。
ここまでできなくともそこにはやるべきことが全て明らかにされてます。

【総合幕僚監部】新型コロナウイルスから皆さんの安全を守るために

感染予防まとめ

1.感染予防は、チェーン店といえどもそれほど大きな違いはない。
やるべきことをやった上で大事なのはお客さんに向けた信頼性へのアピール。
弊社の換気についての記事もご覧ください。
【緊急コロナ対策】~あなたのお店の空気はどのくらいで入れ替わる?~

2.コロナの感染対策は、衛生対策そのもの。
コロナで忘れがちですが飲食経営者にとって一番の恐怖は食中毒。
その最も怖いノロウィルス、O-157。他にもインフルエンザ、胃腸炎、風邪など普段から気を遣わなきゃいけないことがいっぱいです。実はコロナウィルスはノロウィルスよりも簡単に除菌できます。

チェーン店は、味よりも衛生面と効率性を重視していますよね?
個店はその逆の魅力で人気を集めてきました。しかし今は、チェーン店の普段からのその姿勢とその教育、徹底ぶりが有事にイメージの違いとして出てきていると思われます。ここは個店も根幹の衛生面の徹底を行うべき時では?弊社では、食品工場などの設計も手掛けていますのでそのノウハウを持って衛生面のお手伝いをさせていただくことも可能です。できることから行って参りましょう。(別稿で記事を書きます。)

弊社では、リアル店舗を支えるためお役に立つと思われる情報を随時提供しております。
クライアントの方々は勿論ですが、弊社でデザイン施工されてない方もこちらまでメールを頂ければ情報更新の際にメールにてお知らせいたします。こんなの調べて欲しいのリクエストもお待ちしています。

info@chronoba.com   ←お問い合わせはこちらのメールアドレスから

一緒にリアル店舗を復活させるため頑張って参りましょう!
店舗は、街のカルチャーです!

2020年5月20日 記

share :

CONTACT

お問い合わせ、
お見積りはこちらから

03-6427-9657 (受付時間: 平日 9:00~18:00)