DIYスタイルの店舗づくりならクロノバデザイン店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

DIY IDEAS 実例紹介

OSB合板で受付テーブルをDIY

OSB合板で受付テーブルをDIY

大阪オフィスのある南堀江のビルは1フロア1テナント。

エレベーターで3Fまで上がるとすぐオフィスの入口です。
入口ドアは透明ガラスの框ドアなので、中の様子は丸見えです。

しかし、エレベーターホールが少々暗いので、実は私たちからガラスの向こうにいる方が見えないのです。
初めて来られたお客様(特に業者さん)は、ノックすれば良いのやら、そのまま入れば良いのやら・・・と戸惑う方も多いかと。

そこで今回こんな物をDIY!


【1】事務所に余っていたOSB合板をノコギリで丁寧にカット。
迷彩柄のパンツみたいですね。

【2】厚み40㎜くらいの古材の木口に以前サイン業者さんに頂いたカッティングシート(切り文字)を貼り、上からアイボリーのミルクペイントを塗ります。
刷毛が無かったので、雑巾に塗料を付けて丁寧に擦り込みました。

木口は木の繊維の断面なので、塗料を良く吸い込みます。しっかり色をのせたい時は何度か重ね塗りするのがオススメです。
今回は少しアンティーク感を出す為、少量の塗料を雑巾に含ませ、叩いたり擦ったりして塗っています。こうする事で程よい擦れ感が出ますね。

良い感じに塗れれば、カッティングシートを剥がします。

天面はアンティークリキッドを何も考えず、雑巾で塗り込むだけ。
床をゴシゴシ磨く感覚です。

【3】2枚の迷彩パンツを組合せ、その上に天板を載せただけのシンプル構造。
人は座れませんが、抜群の安定感です。

【4】ボタンとカードを載せて、入口前に置きました。
これで今日から迷う事なくピーンポーンですね。

【本日の材料】
・OSB合板 t=11mm 910×1820
・ダグラスファー古材 t=40mm 280×200
・バターミルクペイント Old Village 13-25(yellowish white)
・アンティークリキッド Old Village 15-32(BROWN)

今回使用した道具はこれだけ。

所要時間2時間。比較的お手軽なので、ちょっとした台やテーブルが必要な際は是非試してみて下さい。

DIY IDEAS 実例一覧へ戻る