店舗デザインのクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

DIY IDEAS 実例紹介

DIYでお店づくり@Mexican Dining AVOCADO 新宿3丁目店編

DIYでお店づくり@Mexican Dining AVOCADO 新宿3丁目店編

お花のディスプレイづくり

Mexican Dining AVOCADO 新宿3丁目店に映画「リメンバーミー」公開記念ディスプレイという依頼があり、メキシコの「死者の日」というお祭りイメージしてお花の壁をDIYしてきました!
「死者の日」とは日本でいうお盆です。しかし、全く雰囲気が違く多くの人々が墓地に訪れ、死者のお墓にオフレンダと呼ばれる祭壇を作り、オモチャやテキーラの瓶、故人が好きだったものをお供えします。そして鮮やかなオレンジが美しい、たくさんのマリーゴールドをお墓や祭壇に埋め尽くします。

今回は、映画公開中限定のディスプレイということで現状復帰できるようにその「オフレンダ」という祭壇をイメージしてDIYをしていきます。
まず、マリーゴールドなど本物そっくりの色とりどりのお花を大量に仕入れました。全部模造とは思えません!

ベニア板にタッカー(ホチキスの親玉みたいなやつ)で茎の部分が見えないようにお花ぎっしりを貼り付けていきます。
タッカーはネットで1,000円以内でも買えますよ♪(ピンキリですが…)

そして、元々ある扉に先ほどのお花を貼り付けたベニヤ板をワイヤーで引っ掛けて吊るし、上下の隙間もタッカーでお花を貼り付けていきます。

最後の仕上げに隙間をぎっしりとお花で埋めていき完成となります!
お店の雰囲気に合ったお花一面のディスプレイとなりました♪

夜にはろうそくを灯し、インスタ映えするロマンチックなディスプレイなので、みなさんよく撮影されるそうです♪
今回使用した「タッカー」は傷も少なく、簡単に針(ステープル)で壁に止めることができるので、ちょっとした模様替えにも大活躍する道具です!

DIY IDEAS 実例一覧へ戻る