店舗デザインのクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

BLOG ブログ

前の記事

次の記事

2016.08.17

アジア版サグラダ・ファミリア

CATEGORYSTAFF スタッフ

8/11~8/16 夏季休業とさせていただいておりました。
残暑厳しいですが、暑さに負けず本日より営業いたします!


と、少しだけ夏休みの思い出を個人的に書きますと。
タイに行ってきました。初タイです。

やっぱりこの業界にいるからには、気になるのはその土地の建築物です。
行く前に早速ぐぐってみました。

「タイ」「建築」

で、出てきたところが「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」
アジア版サグラダ・ファミリアがタイにあるらしい・・・?

場所はパタヤというので、バンコクから車で2時間弱かけて行ってきました。


写真がこちら!!写真は一切加工しておりません!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
おーーー!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
高さは100m超えるという木造建築。釘は一切使ってないらしいです。あ、顔が・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
差し込む光が神々しい。中まで彫刻がすごい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
墨で描かれた部分。これからきっと彫るんだろうな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1981年に着工されるも未だ完成せず。この日も絶賛作業中



写真でも伝わってますか?もう一度言います、写真は一切加工してません。

もう、彫刻がすごい、の一言です。
手すりだって、階段の蹴込み部分だって彫刻です。

同時に、これはなかなか終わらないだろうなあと納得しました^^;

そもそもこの建築物はなんぞや、という感じですが
タイの木造建築を建てる技術を後世に伝える、というのが建設目的の一つでもあるらしいです。

なるほど~

でも、本当こういう技術って大切にしていかなければならないですよね。

そして、建築って一人では出来ないんだよなあ~と改めて思いました。
デザイナーやそれを作る人たちがいないと出来ない。
そもそもそれを作ろう!って言い出す人がいないと始まりません。
いろんな人の手や想いが加わった建築物だからこそ、それが人に与える感動は大きいんだと思います。
もちろんスケールの大小もありますが、みんなでなにか一つのものを作りあげるって素敵ですよね。

ここまで来たら、ぜひがんばって完成させてほしい!倒壊する前に。。。

入場料は500バーツ(日本円で1,500円くらい?)と高めではありますが、
もしタイ(パタヤ方面)に行かれることがあれば、ぜひ足を運んでみてください^^


前の記事

次の記事