飲食店デザイン・設計のクロノバデザイン株式会社店舗デザインのクロノバデザイン株式会社

memu

PORTFOLIO 実績紹介

温かな光が差し込むパティスリー

Patisserie FOBS

温かな光が差し込むパティスリー

店名の「FOBS」の由来は、お菓子の基本材料であるfarine(小麦粉)、oeuf(卵)、beurre(バター)、sucre(砂糖)の頭文字を取ったもの。フランスでの修行経験を持つオーナー様が独立開業され、奥様の実家1階を改装してパティスリーをオープンしました。場所は台東区蔵前。最近では、カフェやスイーツなど話題のお店が次々とオープンし、人気のエリアです。フランスにあるようなクラシックで男性的なお店にしたいとのイメージをもとに、デザインをスタートしていきました。

今回、最も課題だったのは、そのレイアウト。限られた広さの中に、厨房スペースと販売スペース、そしてイートインスペースを確保する必要がありました。最も広さを確保したかった厨房を優先しつつも、販売スペースやイートインスペースが狭くなりすぎないようにぎりぎりの広さを検討し、レイアウトを組み立てていきました。内装は白を基調としたシンプルなデザインをベースとして、床はブラウンと白を交互に並べ、空間に表情を持たせました。什器は重厚感のあるダークブラウンで上品に纏め、イートインスペース側の壁には店名のロゴ入りミラーを設置し、圧迫感を軽減しながらお店を印象付けています。

お店の顔となるファサードのカラーはオーナー様のこだわり。鮮やかさの中にも落ち着きのあるブルーのカラーに、ロゴやガラス面の枠内に縁取られた黄色のカラーが指し色となり、軽やかさとおしゃれ感を演出。上品さの中にも入りやすいデザインを目指しました。

天気が良い日には、全面ガラス張りの窓から差し込む光を心地よく感じられます。店内に漂う甘い香り、食べるのが待ちきれなくなったら、イートインの席でぜひお召し上がりを。開放的な中でスイーツを食べれば、至福の時間を感じられる空間となっています。

STORE PHOTO

店名 Patisserie FOBS
住所 東京都台東区寿3-8-4
Web
広さ 34.5m2 / 10.44坪 竣工 2016

COMMENT